健康ブログ

2014年1月21日 火曜日

八尾市の歯科医院で定期的なメンテナンスを

今、満80歳で20本以上の歯を残すという8020運動が展開されており、歯の重要性が大いに認められています。

80歳で20本の歯を残すためには、日々のブラッシングだけでなく、歯科医院での定期的なチェック、メンテナンスが重要です。
専門家がお口の中を検査し、虫歯の再発を徹底的に予防します。
また、3カ月ごとにメンテナンスを行うことで、歯の変化を早めに発見し、早めに治療を始めることができます。

痛みが怖くて虫歯を放置してしまう方もいらっしゃいますが、そのような方でも積極的に治療していだけるよう、当院では無痛治療を行い、笑気ガスやテープ式麻酔、フルーツ味の表面麻酔剤を使用しています。

お口の健康は、身体の健康にもつながります。
歯を残すためにも、怖がらず、積極的に歯医者に来ていただきたいと思います。

投稿者 とみた歯科医院