健康ブログ

2015年11月24日 火曜日

虫歯は肩こりを招く???

<虫歯は肩こりを招く???>

虫歯や歯周病はお口の中だけの問題ではないのは、
かつてより各方面から指摘されていました。

今回は、皆さんの身近な悩み、肩こりも虫歯と関係があるというお話をしたいと思います。 

中には持病のような肩こりに、お悩みの方もいることと思います。
肩こりと虫歯の関係をお話しする前に、少し肩こりについて知ってみましょう。


肩こりはさまざまな原因で、
肩の筋肉が疲労を起こし、血行不良を招いている状態です。

人間は他の動物と違い直立二足歩行をするので、
負担が肩や首、腰などにかかりやすくなっています。
それに加え、負担がかかるようなことが続くことで、
筋肉が疲労して固まり血行不良を招いてしまうのです。

肩こりの原因はさまざまです。
デスクワークなど同じ姿勢を続けたことによるものや、
加齢による筋力不足もあります。

病気などにより、余計な負荷がかかることで生じる肩こりもあります。
虫歯もそんな肩こりの一つ。

虫歯が肩こりにつながるのは、痛みがポイントです。

虫歯による痛みがあると、
その痛みを避けようと無意識に片寄ったかみ方をしてしまいます。
片寄ったかみ方は、あごやその周辺の筋肉に影響を及ぼします。
バランスの悪いかみ方を長く続けると、
あごやその周辺の筋肉は疲労を起こし、肩こりにつながるのです。


歯の痛みが生じてからすぐに虫歯治療を行えば、
治療とともに肩こりが改善される可能性があります。
治療とともに左右バランスよく噛めるようになり、
筋肉疲労の原因が解消されるからです。

しかし、虫歯の痛みを我慢し片寄ったかみ方を続けると、
歯の高さまで変わってきてしまうことがあります。
こうなると、あごやその周辺の筋肉への影響は
虫歯を治しても続いてしまう可能性があります。
虫歯がないのに肩こりが続くという方は、
もしかしたら、昔の虫歯の影響を引きずっているのかもしれません。
そのような場合は、一度歯科医院でかみ合わせのチェックを受けてみましょう。

虫歯で痛みが生じるのは、虫歯が進行してからです。
初期の段階では無自覚のことが多くあります。
そのため、虫歯による肩こりを防止するには、
虫歯の防止と虫歯になったら初期段階で発見することが大切です。
歯科医院での定期検診は、虫歯予防と早期発見につながりますので、ぜひご活用ください。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2015年11月 9日 月曜日

<見た目だけではない!矯正治療のメリット>

<見た目だけではない!矯正治療のメリット>

最近の歯科診療では虫歯の治療などに加え、
ホワイトニングや審美歯科という「キレイ」という視点を 大事にしたものが人気です。

「キレイ」を目指して来院する方は、
若い方に限らず幅広い年代の方がいらっしゃることから、
お口の見た目に対する意識が、 全体的に高まっていると思われます。

患者さまのお口を見ていると、 矯正治療をしていれば防げたのではと思われる症例に出会うことがあります。 虫歯や歯周病、顎関節炎などです。

例えば、八重歯。
かわいらしいと言われることもありますが、 歯列が乱れていることに変わりありません。

歯ブラシが届きにくい部分ができることで、 虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯の着色の原因となる可能性もあります。
下の歯とのかみ合わせが不十分であることによる体への影響も懸念されます。

つまり、早めに矯正治療をしておけば、 後に起きる数々の不具合を防げる可能性があるのです。

歯列が整うことによるメンテナンス性の向上は、 将来のお口を考える上で重要です。
歯ブラシが細かいところに届くようになれば、 プラークもより除去できるようになるでしょう。
プラークは虫歯や歯周病の原因となるものです。
日本人が歯を失う原因のほとんどを占める、 虫歯と歯周病を予防できれば
将来的に自分の歯を残せる可能性が高くなります。
高齢者のシンボル的存在、総入れ歯も必要なくなる可能性があります。

審美歯科には、虫歯の治療跡の審美性向上を目的として、 来院する方もいます。 虫歯の治療跡の見た目が悪くて審美治療を行うのでは、 二度手間になっていますね。
矯正治療による虫歯の予防は、後の審美治療を不要にできる可能性があります。 歯並びが整うと、滑舌よくはっきり話すことができるようになります。

英語では歯並びが乱れていると発音できない音がありますが、
矯正すれば改善できる可能性があります。

かみ合わせが整いしっかり噛めるようになると、
咀嚼機能がアップしお腹への負担を減らすことができます。

歯列の乱により肩こりや頭痛など全身症状が出ていれば、
矯正治療によりその改善も期待できます。

口元がキレイになり、 その他の改善も見込める矯正治療に興味のある方は、
ぜひ歯科医院にご相談ください。
早めの相談がおすすめです。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL