健康ブログ

2015年11月 9日 月曜日

<見た目だけではない!矯正治療のメリット>

<見た目だけではない!矯正治療のメリット>

最近の歯科診療では虫歯の治療などに加え、
ホワイトニングや審美歯科という「キレイ」という視点を 大事にしたものが人気です。

「キレイ」を目指して来院する方は、
若い方に限らず幅広い年代の方がいらっしゃることから、
お口の見た目に対する意識が、 全体的に高まっていると思われます。

患者さまのお口を見ていると、 矯正治療をしていれば防げたのではと思われる症例に出会うことがあります。 虫歯や歯周病、顎関節炎などです。

例えば、八重歯。
かわいらしいと言われることもありますが、 歯列が乱れていることに変わりありません。

歯ブラシが届きにくい部分ができることで、 虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯の着色の原因となる可能性もあります。
下の歯とのかみ合わせが不十分であることによる体への影響も懸念されます。

つまり、早めに矯正治療をしておけば、 後に起きる数々の不具合を防げる可能性があるのです。

歯列が整うことによるメンテナンス性の向上は、 将来のお口を考える上で重要です。
歯ブラシが細かいところに届くようになれば、 プラークもより除去できるようになるでしょう。
プラークは虫歯や歯周病の原因となるものです。
日本人が歯を失う原因のほとんどを占める、 虫歯と歯周病を予防できれば
将来的に自分の歯を残せる可能性が高くなります。
高齢者のシンボル的存在、総入れ歯も必要なくなる可能性があります。

審美歯科には、虫歯の治療跡の審美性向上を目的として、 来院する方もいます。 虫歯の治療跡の見た目が悪くて審美治療を行うのでは、 二度手間になっていますね。
矯正治療による虫歯の予防は、後の審美治療を不要にできる可能性があります。 歯並びが整うと、滑舌よくはっきり話すことができるようになります。

英語では歯並びが乱れていると発音できない音がありますが、
矯正すれば改善できる可能性があります。

かみ合わせが整いしっかり噛めるようになると、
咀嚼機能がアップしお腹への負担を減らすことができます。

歯列の乱により肩こりや頭痛など全身症状が出ていれば、
矯正治療によりその改善も期待できます。

口元がキレイになり、 その他の改善も見込める矯正治療に興味のある方は、
ぜひ歯科医院にご相談ください。
早めの相談がおすすめです。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2015年5月30日 土曜日

親不知~歯科医院に行く前に知っておきたいこと~

お口の中に、親不知(おやしらず)は生えていますか?

親不知は一番奥の歯で、第三大臼歯のこと。
他の永久歯が生後9カ月くらいに作られるのに対して、 4歳ぐらいに作られます。

近年、親不知がない人が徐々に増え、約3人に1人は親不知がないといわれています。
親不知の有無だけでなく、本数もさまざま。
1本だけの人もいれば、4本ある人もいます。

また、親不知は生えてくる時期も決まっていません。
個人差はあるにせよ、乳歯が生える時期、永久歯が生える時期は大体決まっています。
対して、親不知は17歳ごろから生えている人を見かけますが、
30歳になっても40歳になってもある日突然顔を出すほど、生える時期の個人差が大きな歯です。
一生顔を出さない人もいます。

他の歯に比べ向きがさまざまなことが多く、
対になる歯があったとしてもしっかりかみ合わせができているとは限りません。
こんな親不知は奥にあって磨きにくかったり、
他の歯に悪影響を及ぼす可能性があったりして、しばしば治療の対象となります。
無くなってもかみ合わせに影響しないことが多く、抜歯の対象となることも少なくありません。

そのためでしょうか。「親不知=抜歯」のように考えている人もたまにいます。
しかし、特にトラブルを起こしていない親不知を抜くことはありません。

親不知が虫歯になっても、対になる歯と十分なかみ合わせができしっかり機能している場合は、
治療を行うケースが多くなっています。

永久歯を抜歯する場合、抜けた分をブリッジやインプラント、入れ歯などで補う必要があります。
このとき健康な親不知があれば、抜いた部分に移植することも可能です。
将来のトラブルが予想され医師が必要と認める場合は、抜歯をすすめることもあります。
虫歯だけでなく、歯周病や炎症を繰り返す場合などです。

お口の中で、親不知ほど個人差が大きな歯はありません。
そのため、対処の仕方もさまざまになります。

一番奥の狭い部分に生える親不知は虫歯が進行しボロボロになると、
抜歯が大掛かりになることがあるので、避けたいものです。
親不知の存在が、歯列に影響するという考え方もあります。

お口の中の親不知に気が付いたら、一度歯科医院で診察してもらい医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2015年4月25日 土曜日

歯の役割 噛むということ~その2~

歯の一番の役割は噛むこと。


皆さんは噛む力の大きさを意識したことはありますか?
自分の歯がそろっているうちは、あまり意識することはないかもしれません。

一般的に噛む力が一番大きい奥歯で、体重程度の噛む力があるといわれています。
60kgの成人男性ならば、約60kgの噛む力があると考えてよいでしょう。

ただし、これは一般的な話で、入れ歯やブリッジを使用していると噛む力は、
天然の歯の40%程度になるといわれています。

対して、歯を食いしばることが多い人、
例えばスポーツ選手は噛む力が強いといわれています。
その強さは一般成人男性の3倍にもなるそうです。

因みに、噛まれると怖い動物は、
百獣の王ライオンは約320kg、ホッキョクグマ 約800kg、カバ 約1000kg、ナイルワニ 約2200kgなど。
ペットとしておなじみのイヌは、大型種で約100kgを超えるといわれています。
やはり、動物の噛む力は大きく、場所が悪ければ命の危険も伴います。
噛まれないようにするに越したことはありませんね。

ちょっと脱線しましたが、噛む力はおいしく食べるためにも重要です。

普段の食事でちょうどよい硬さと感じるのは、その人の噛む力の25%くらいだそうです。
人によって噛む力が違うので、人によってちょうど良い硬さは異なるのですね。

硬い食べ物の代表格、おせんべいを食べるのは約14kg、ピーナツは約12kg、するめは約20kgの噛む力が必要だそうです。
入れ歯などではちょっとつらそうな硬さです。
やわらかい物ばかりを好んで食べたり、入れ歯などを使用したりして、
噛む力が低いとおいしく食べられないだけでなくさまざまな身体機能への影響があるといわれています。
そのため、健康な歯の維持、適度に硬いものを食べる努力が必要といわれています。

一方、意外と知られていないのが噛む力が強すぎても危険だという話。
硬い食べ物に負けない強い歯でも、強い力が頻繁にかかると損傷につながってしまいます。
噛む力が強い人には、強い力がかかったことにより虫歯のように歯が欠けてしまうことがあります。
寝ている間の歯ぎしりも歯にとってストレスになり、
歯を傷つける原因になります。
歯が堪えられないほどの力がかかると、歯にひびが入ってしまうこともあります。
 噛む力は歯をはじめとし、歯茎やあごが関係します。

気になることがありましたら、まずは、歯科医院までご相談ください。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2015年3月28日 土曜日

歯の役割、噛むということ~その1~

歯の役割って何でしょう?

審美や自分の歯の維持に注目が集まりますが、歯の一番大切な役割は噛むことです。

噛むことは食事の楽しみにつながります。
また、噛むことは脳を刺激し活性化してくれるともいわれています。

大脳で記憶や空間学習能力にかかわる海馬という部分があります。
年齢とともに海馬は萎縮し、進行すると物忘れなどの現象がみられるようになってしまいます。
この老化現象である海馬の萎縮は鍛えることで再生し、その結果、脳の老化を防げることが元神奈川歯科大学教授 斎藤滋氏の研究で明らかになりました。

噛むことは脳への刺激になり、海馬の神経細胞をも活性化させます。
海馬の神経細胞が活性化されることは、物忘れなどの老化現象を防ぐことにつながります。

また、斎藤滋氏の調査によると、現代人の噛む回数は戦前と比較すると大幅に減っていることがわかりました。

戦前は1回の食事における咀嚼回数(噛む回数)1420回なのに対し、現代人の1回の食事における咀嚼回数は620回。
同調査では1回の食事の時間が短くなっていることも明らかになっています。

歯ごたえのあるものを敬遠し、ファストフードのような短時間で済ませられるような食事を好む現代人の傾向がはっきり現れていますね。
現代人の噛む回数の少ない食生活は、脳の老化を進めてしまっている可能性があります。
これをストップするには、よく噛むことが大切です。
理想は、一口当たり30回噛むこと。
1回の食事に換算すると1500回に当たります。

「よく噛む」の土台となる部分が、歯を含めた口の中の健康です。

虫歯があったり、欠損したりしている歯があれば本来の噛む力を発揮できません。
ブリッジや入れ歯があると本来の噛む力の6割程度になってしまうともいわれています。
噛む力は歯によるものだけではありません。物を噛むとき歯には相当な力がかかっています。

その歯を支えているのが歯茎。

歯を支える歯茎が、歯周病などによりダメージを受けていれば、それも噛む力の低下につながっています。
歯周病は進行するとあごの骨の変形を伴ったり、歯が抜け落ちてしまったりする要因となりますので注意が必要です。

また、噛むという動作に欠かせない顎の動きも重要です。
顎関節炎などのあごの病気にも合わせて注意が必要です。

噛む力はよく噛むことで鍛えることができます。
普段からあまり噛んでいない人は、意識してよく噛むとあごに疲労を感じることもあります。
そのような場合は無理をせず、徐々に噛む回数を増やしていってみてください。
噛む力を鍛えるには、柔らかい物ばかりでなく意識的に歯ごたえのあるものを食べるのもおすすめです。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2015年3月12日 木曜日

歯科医院と連携して歯周病予防を

お口の中の病気の一つとして、歯周病というのを聞いたことがある方も多いことでしょう。
歯周病はお口の中だけにとどまらず全身疾患につながる恐ろしい病気なのですが、
自覚症状が乏しく軽く考えられているように感じます。


・歯を失う原因1位の歯周病

2005年 財団法人 8020推進財団の調査報告によると、歯を失う原因の第1位は虫歯ではなく歯周病(41.8%)です。
初期段階では自覚症状はほとんどなく、出血や膿、歯のぐらつきが出てきたときは、すでにかなり進行している可能性があります。
歯周病を放置し進行してしまうと、その影響は歯の周面組織や骨に及び、やがて歯は抜けてしまいます。


・身体をむしばむ歯周病菌

歯周病菌がなんらかの原因で血液に入ると、菌は血流に乗って全身に回ってしまいます。
健康な人であれば免疫機能が働き菌は排除されますが、抵抗力が弱まっていると体内にとどまってしまう可能性があります。
体内にとどまった歯周病菌は動脈硬化や脳卒中、糖尿病などのリスクを高めます。
また、敗血症の原因になるともいわれています。
嚥下機能が落ちている場合は誤嚥性肺炎の危険が高まります。
歯周病の母親は低体重児を生むリスクが高まります。
中高年の約9割が歯周病にかかっているともいわれており、
高齢出産が増えている近年は出産リスクも見過ごせないものといえるでしょう。


・歯周病の治療

治療の基本は、感染部位を取り除き悪化を防ぐことが中心です。
初期の場合に発見できればブラッシング指導を受けることで改善が期待できます。
進行している場合は、局所麻酔を使用した治療が必要になることも。


・歯周病予防には歯科医院のご利用を

歯周病の予防や発見には、ご家庭での歯磨きと歯科医院にかかることが必要です。
プラーク(歯垢)は虫歯菌や歯周病菌の温床ですので、速やかに取り除くことが歯周病予防につながります。
合わせて歯科医院での定期検査を受けることが早期発見につながります。
歯科医院では、歯垢をつきやすくしてしまう歯石の除去などもできますので相談してみてください。



歯周病で歯を失ったり全身疾患につながったりすることがないよう、
お口の中で気になることがあったらすぐに聞けるような、かかりつけの歯科医院を持つことをおすすめします。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL