健康ブログ

2015年2月25日 水曜日

お口のかかりつけ医をもつことのすすめ

病院が好きという人はあまりいないのかもしれませんが、
特に、歯科医院を苦手と感じている人が多い印象があります。
治療の音が怖い、痛いイメージがあるといったものから、
時間がかかる、お金がかかるといった声も聞かれます。
そして、歯科医院に苦手意識を持っている人に限って、
お口の中に問題が生じるたびに通院先を探すという傾向があるように見えます。

どこの歯科医院でも、初めての患者さまはカルテを作ったり
、一から患者様のお口の中をみたりしますので時間がかかってしまいます。
そして、患者さまの望む治療が行えるよう、初回は特にじっくり話をうかがいます。
でも、このような医院のあり方が、患者さまにとって時間がかかり歯科医院に行くのが面倒という思いにつながってしまっているのかもしれません。

そこで、歯科医院が苦手という方にこそ、お口のトラブルになった場合のかかりつけ医をもつことをおすすめします。
いわゆるお口のホームドクターですね。

長年の付き合いがあれば、患者さまの既往症やご希望を把握できていますので、適切な診療がしやすくなります。
麻酔が効きにくい、アレルギーがあるなどがあらかじめ分かっていることで、
患者さまにとって不安の少ない治療を行うことができます。

歯科医院は虫歯だけを見るところではありません。
お子様の歯の生え変わりや歯並び、歯肉炎、お口を美しく見せるための相談、
入れ歯、歯ぎしりの相談などその範囲は意外と広いものです。
かかりつけの歯科医院ならば、ちょっとしたことでも相談しやすいことでしょう。
小さいころからかかっている歯科医院ならばなおさらですね。

また、行き慣れた歯科医院は患者さまにとっても安心できる場だと思います。
初めての歯科医院は初めてのシステム、初めてのスタッフで不安になることも多く、それが苦手と感じる原因になっている可能性もあります。
いつものスタッフ、いつもの待合室ならば、リラックスして受診することができるのではないでしょうか。

かかりつけの歯科医院を持つことは、お口の中の相談がしやすくなり、トラブルの予防にもつながります。
ぜひ、お口のかかりつけ医を見つけてくださいね。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2014年4月30日 水曜日

お子さまのデンタルケアお考えですか。

乳歯の虫歯、抜けるから大丈夫と思っている方もいらっしゃいますが、デンタルケアは子どもの頃からというのは、すでに欧米では常識です。
特に虫歯、歯並びには敏感です。
最近では日本も小児歯科が増えてきましたが、小児歯科にはやはり矯正歯科がセットであって欲しいところです。

歯はとても小さなものですが、身体に与える影響はとても大きいのです。
小学校から導入される英語教育、歯並びは英語の発音にも影響を与えることがあるといわれています。
さらに、小さいうちから、正しいデンタルケア、プラークコントロールをすることで、大人になってからの歯周病予防にも繋がります。

お子さんはもちろんですが、大人の方の矯正、歯周病治療、インプラントなど、八尾市にお住まいの皆さんのお口のかかりつけ医にご相談ください。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2014年4月23日 水曜日

痛くない治療、痛くない麻酔を心がけています

八尾市の皆さま、当院は痛みの少ない治療を目指している歯科医院です。

当院は「自分自身が安心して通える歯科医院」をコンセプトとし、衛生面に徹底してこだわっています。
安心、安全、清潔な環境をご提供し続けることをお約束します。

また、いきなり歯を削ることなく十分なカウンセリングを行い患者様のお悩みやご不安を把握し、治療に入ります。
歯医者は痛い、というイメージをお持ちの方でも安心して通っていただけるよう、表面麻酔を使用するなどして、注射の際も治療の際も痛くない治療にこだわっています。

異変を感じてから治療するのではなく、美容院やエステに通うように定期的なメンテナンスのためにご来院していただきやすい環境作りを心がけ、行きたくなる歯科医院を目指しております。
痛みを感じる前に定期検診を受けましょう。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2014年4月22日 火曜日

長く自分の歯と付き合うための予防歯科

歯科医院に来院する患者さんの多くが、歯の痛みやトラブルで見えることが多いです。
その時に最善の治療をいたしますが、もっと早く来てくれていたらと思う事も多いです。

毎日の歯みがきですが、この歯みがきが歯のトラブルの原因となっていることも多いです。
八尾市にお住いの患者さんは、昔詰めたものが取れたと言う事でお見えになりました。
診察してみると、歯ブラシでかなり強く磨かれている様子が歯や歯茎からわかりました。

初めは歯の治療から行って行き、早急ではないけれど、治療が必要な歯の前に、歯みがきの仕方を覚えてもらう日をつくりました。
毎日のことで、長年その磨き方をしてきたので、なかなか正しい磨き方になるまで時間がかかりましたが、治療の最後の方には磨き方のコツもわかるようになりましたと、言っていました。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL

2014年4月15日 火曜日

乳歯も虫歯にしてはいけません

乳歯は抜けるから虫歯でも大丈夫と考えているご両親がいます。
これは大きな間違いです。
確かに乳歯は抜けますが、次の永久歯へ健康をバトンタッチする大切な役目があります。

一つはしっかり噛むこと。
成長期のお子さまが効率よく、たくさんの栄養を吸収するために欠かせません。
そして正しい発音を身に付けること。
言葉を覚えてゆく時期の子どもたちには虫歯のない歯と、正しい歯並びが必要です。

そして、永久歯が正しい位置に生えてくるように誘導する役割です。
乳歯がひどい虫歯になってしまうと、場合によっては永久歯が正しく生えてくる場所を確保出来ず、歯並びが乱れたり、生えてこられなくなったりもします。

八尾市のお子さまが健康できれいな歯でいられるよう、当院がお手伝いいたします。
何でもご相談ください。

投稿者 とみた歯科医院 | 記事URL