HOME > 小児歯科
小児歯科
小児歯科のイメージ

お子さまの歯が健康かどうかは、永久歯の歯並びや、成長期の身体の発育にまで影響を与えます。お子さまの正常な成長発育のため、正しい治療はもちろん、予防歯科を心がけることが大切です。

小児歯科治療の前に

大人でも嫌な歯の治療は、お子さまにとってはさらに刺激のあるものです。
当院では「痛くない、怖くない、優しい、話をよく聞いてもらえる」イメージを持ってもらえるような治療を心がけています。
お子さまも怖がることなく安心して治療を受けられるよう、一人ひとりの性格を考慮し、対応していきます。

「乳歯は生え替わるから大丈夫」は勘違い

「乳歯は生え替わるから大丈夫」は勘違いのイメージ

一定期間使うと、乳歯は永久歯に生え替わります。
子どもの成長において、3つの大切な役割を果たしています。

定期検診の大切さ

定期検診を幼い頃から受けているお子さまほど、むし歯になる確率が少なくなります。
13歳で調べた場合、7~8歳を超えて検診を始めた人は、それ以前から始めている人より、2倍ほどのむし歯ができています。
つまり、歯を健康に保つには、小さい頃からの予防が大切なのです。ご家庭での歯磨き習慣はもちろん、6カ月に1度くらいの定期的な歯科医院での検診を行いましょう。

むし歯の予防法