HOME > 入れ歯
入れ歯

総入れ歯

総入れ歯のイメージ

歯が全部抜けてしまった場合には、総入れ歯(総義歯)を装着することになります。健康保険が適用できる総入れ歯はプラスチック製のみですが、保険適用外の総入れ歯には、さまざまなタイプがあります。

総入れ歯の種類
保険適用の総入れ歯

義歯床がプラスチックでできていて、分厚いので装着時に少しの違和感があります。また、安定しにくく、落ちたり外れたりしやすい欠点もありますが、どんな症例にも対応できること、治療費が安いこと、修理がしやすいことがメリットです。
顎の骨が痩せるにつれて合わなくなることもあるので、定期的に調整する必要もあります。
また、一度保険で総入れ歯を作ると、6カ月間は保険適用での総入れ歯を作ることができません。

金属床義歯

義歯床が金属でできています。入れ歯を薄くできることから、話しやすく、違和感の少ない入れ歯ができます。保険の入れ歯よりぴったりとした装着感が得られ、汚れがつきにくく、変形もしにくいのが特長です。
ただし、修理が難しく、非常に高価。金属アレルギーの恐れがある方は、歯科医にご相談ください。

シリコーン義歯

義歯床の一部がシリコンでできています。素材が柔らかいので、装着感もソフトで痛むことが少ない入れ歯です。咬み心地もよくなります。しかし、汚れがつきやすく、値段が高くなるというデメリットがあります。

インプラント義歯

顎の骨にチタン製などの金属を埋め込み、入れ歯を支えるための土台にする方法。どんな入れ歯よりも安定感があり、噛む力も強い。自分の歯に近い感覚を取り戻せることが一番の特長。埋め込みの手術が必要なこと、術後も定期的なメンテナンスが必要なこと、治療費が高いというのがデメリットになる。

部分入れ歯

部分入れ歯とは?

歯が抜けてブリッジを行えない場合、部分入れ歯の治療を行います。
保険治療では金属の留め金の「クラスプ」が付いたタイプしかありませんが、自費治療であればクラスプのないものなど、さまざまなタイプがあります。

保険の部分入れ歯

隣接する歯に「クラスプ」を引っ掛けて安定させる入れ歯。見た目は良くないけれど、安価な保険治療ではこのタイプしか作ることができません。物を噛む能力は天然歯の約20~30%程度。

コーヌス・テレスコープ義歯

保険適用外の被せるタイプ。まず、土台となる歯に金属冠を被せます。そしてその上から入れ歯を装着。クラスプが必要ないので見た目はよく、物を噛む能力も高い。天然歯に近い感覚が得られるが、高価なのがデメリット。

アタッチメント義歯

さまざまな種類があるアタッチメント義歯。多くの歯科医院では、磁力で入れ歯を固定する「磁性アタッチメント義歯」を扱います。入れ歯と隣り合わせる歯のそれぞれに磁石を取り付け、安定感や噛む能力を高めます。留め金がないので見た目もよく、高価ながらもポピュラーな義歯です。

詰めもの・被せもの

銀の詰め物(メタルインレー)

保険適用の詰め物(インレー)は、主に奥歯の詰め物に使われる銀色の金属のメタルインレー。強度はあるものの見た目はあまり良くありません。また、金属が溶けて歯や歯ぐきの変色をさせたり、金属アレルギーを引き起こすこともあります。耐用年数は約5年といわれています。

コンポジットレジン(プラスチックの詰め物)

むし歯を削ったり、歯が欠けたところに詰めるプラスティック素材の詰めもの。保険適用の治療法ですが、医院によっては保険外で行う場合もあります。色が歯の色に近いため、銀色のインレーに比べ見た目は良く、金属アレルギーを引き起こすこともありません。ただし強度は低く、変色することもあり、耐用年数は金属インレーより短いといわれています。

セラミックインレー

セラミック(陶器)でできた詰め物。見た目が良く、汚れがつきにくく、金属アレルギーも起こらない。ただし、割れることもあり、自費治療となるので費用は高くなります。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜて作られた詰め物。見た目は良く、硬くないので、周囲の歯を痛めにくい上、金属アレルギーも起こしません。自費治療になるため、費用は高くつきます。

パイロットデンチャーシステム

3年も経てば、口の中の状況は大幅に変わっています。そうなれば、入れ歯の形や位置も全部変えなければなりません。しかし、急に新しい入れ歯を作ってしまうと、違和感があり、馴染みにくくなってしまいます。そこで、新しい入れ歯を作る前に、治療用義歯(パイロットデンチャー)を作成してお使いいただき、噛み合わせやお口の環境を整え、最終的にはその慣れた状態の義歯をもとにもうひとつの義歯を作るので、より安定した状態の入れ歯を作ることができます。