HOME > 妊婦歯科健診

妊婦歯科検診(マタニティ歯科)

妊婦歯科健診(マタニティ歯科)
~知っていますか? 実は歯医者さんも産婦人科と同じくらい大切です~
妊娠とお口の健康

これからお母さんになる方にはぜひ知ってほしいことがあります。それは妊娠とお口の健康の話です。

「自分の歯やお口のことまで気を回す余裕なんてない」
「忙しいし、健診なんか行けない」
「ちゃんと歯磨きしていればいいんでしょ?」

そんな心の声が聞こえてきそうですが、すべて間違いです。お母さんのお口の健康や意識は生まれてくるお子さんにも関係します。もし重度の歯周病にかかっていたら、早産・低体重児出産リスクが7倍になります。飲酒や喫煙のリスクと同じかそれ以上の危険度があるのです。また、妊娠中はこういうことが起きやすいです。

だ液検査によって、むし歯菌の種類やだ液の質(酸性、アルカリ性、サラサラ、ねばねばなど)を調べたり、1日の食事の回数やフッ素を使っているかどうか、プラークが多いか少ないかなど、口腔内の検査を行います。

妊婦さんによくある歯の症状
  • つわりがひどいと歯磨きが難しくなる
  • 唾液の分泌量が減るのでドライマウスになりやすい(口臭の原因の1つ)
  • すっぱいものや間食が増えて、むし歯になりやすくなる(痛いのはイヤですよね)
  • 女性ホルモンが増加しいて、歯周病菌が活性化する(これが危険)
  • ストレスやつわり、免疫力の低下、睡眠不足、ビタミンB2の欠乏などで口内炎ができやすい(しみます)


実際、妊婦のおよそ70%で歯周炎や妊娠性歯肉炎が見られると言われています。また妊娠前から歯周炎にかかっていたら、その症状がさらにひどくなる場合があります。

ですから、とみた歯科医院では妊婦歯科検診(マタニティ歯科)をオススメしています。生まれてくるお子さんのことはもちろん大切です。しかし、ママにとっては何かと大変な時期ですから、お口の中を快適に保ち、幸せな日々を過ごしてほしいと思っています。

妊婦歯科健診(マタニティ歯科)の流れ
妊婦歯科健診(マタニティ歯科)の流れ

もしも治療が必要になったら

必要であれば、治療をおすすめする場合もあります。そのときにいちばん心配されることはレントゲンです。当院のレントゲン撮影は防護エプロンを使うのでお腹の中の赤ちゃんが被ばくする可能性はほとんどありません。麻酔も局部麻酔で使用量が少ないため、問題ありません。安心して治療をお受けください。もちろん、心配な場合は出産後に治療を行うことも可能です。ご遠慮なくお申し出ください。

とみた歯科医院はママ達とお子さんをサポートします!