HOME > 虫歯・予防歯科
一般歯科 [むし歯・予防歯科]
早期発見・早期治療を!のイメージ
早期発見・早期治療を!

人間にとって食べることは健康的な生活を送る上で、とても重要なこと。そのためには、口腔内の環境をよりよい状態にし、健康な歯を保つことが大切です。
歯の痛みや口腔内に変化を感じた場合は、早急に歯科医院でご相談ください。
また、痛みを感じる前に定期検診でむし歯を防いだり、治療後の定期的なメンテナンスで口腔内の健康状態を持続させ、再発を防止しましょう。

むし歯リスクチェック

下記項目に当てはまる数が多いほどハイリスクです。

予防歯科

予防歯科のイメージ

治療を受けても、むし歯や歯周病が再発した経験がある方は、定期検診や予防処置が十分でない可能性が高いかもしれません。私たちお口の専門家が定期的にケアをすることで、お口のリスクを検査、管理し、再発を予防していきます。当院では治療終了後、3カ月ごとのメンテナンス(リコール)をおすすめしています。リスクの少ない方は少しずつ間隔を開けて、負担を減らしていきます。

また、毎日歯磨きをしていても、むし歯になる人とならない人がいます。
当院では、オーダーメイドの予防歯科により、むし歯の危険度を調査。
一人ひとりのお口の状態に合わせて、より効果的な診断・治療を行います。

だ液検査

だ液検査のイメージ

だ液検査によって、むし歯菌の種類やだ液の質(酸性、アルカリ性、サラサラ、ねばねばなど)を調べたり、1日の食事の回数やフッ素を使っているかどうか、プラークが多いか少ないかなど、口腔内の検査を行います。

検査を受ける前の注意事項

正確な検査結果を測定するために、以下のことにお気をつけください。

  • 前日の過度の飲酒はやめてください。
  • 当日の過度の運動はやめてください。
  • 前日からコンクールFなどの洗口剤(マウス・ウオッシュ)は使用しないでください。
  • 半日前より歯磨きはやめてください。
  • 2時間前より飲酒、タバコはやめてください

※飲食はご予約の1時間半~2時間前までにお願いします。

検査の流れ
費用
  • だ液検査 5,400円(税込)
  • バナペリオ(歯周病検査試薬による検査) 1,300円(税込)
  • PCR法(微量DNAによる検査) 10,800円(税込)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)のイメージ

むし歯や歯周病を起こす原因として、プラークがあります。プラークとは歯と歯の間や境目に作られる細菌のかたまりで、毎日ご自分でブラッシングしても完璧に落とすことはできません。そこで、歯科医院のプロが行う掃除がPMTCです。
特に、歯の着色や口臭が気になる方や歯槽膿漏にかかっている方には、定期的なPMTCがおすすめです。

PMTCの手順
PMTCの効果 1.表面の汚れが取れて、歯が白くなる 2.歯の付け根にひそむ細菌が減り、歯肉がひきしまる 3.むし歯予防

パーソナルプラークコントロール+
プロフェッショナルプラークコントロール

毎日の正しい歯磨きはもちろん、歯肉で隠れた部分のプラークや歯石など、歯磨きで取れないところは歯医者でメンテナンス。定期的なメンテナンスでしっかり予防を!

シーラント

奥歯の噛み合わせ部分にプラスチックを埋め込み、むし歯予防をする方法。シーラントする歯の溝を掃除し、レジン(軽いむし歯治療の際につめる白いもの)を貼り付けます。奥歯など、ブラシが届きにくい場所に有効です。本来の噛み合わせをずらすことになるので、噛み合わせに注意して進めます。

無痛治療

むし歯や歯周病は放置すればするほど悪化していきます。しかし、「治療は痛いから行きたくない……」という思いから、限界まで放っておく方もいらっしゃいます。
そんな方のために、当院は、無痛治療に取り組んでいます。
笑気ガス、表面麻酔薬、細い注射針、電気注射器などを使うことにより、痛みが起こらないように、できる限りの努力をします。
従来の歯科治療に比べて、痛みをかなり軽減させることができます。

無痛治療に使われる薬や機器
  • 表面麻酔剤

歯ぐきの表面をマヒさせ、注射針を刺す痛みを軽減。
フルーツ味なので、お子さまにも安心です。

  • テープ式麻酔「ペンレス」

透明のシールには高濃度の局所麻酔剤を接着面に含んでおり、これを歯ぐきに貼るだけで表面の麻酔ができます、注射を刺す痛みを軽減します。

  • 電動の麻酔注射器

麻酔注入時、強い圧力をかけると急激に細胞の膨張が起こり、痛みを伴う可能性があります。それを避けるため、一定の速度で注入し、痛みを減らします。ほっぺの側はほぼ無痛ですが、内側は少し痛むことがあります。

  • 笑気吸入鎮静法

恐怖心の強い方には、笑気ガスを使います。鼻から酸素:笑気を7:3程度の割合で吸入することで恐怖心が薄れ、痛みに鈍感になります。

当院では患者様が恐怖心や痛み、ストレスを感じず、安心して治療を受けていただけるよう努めています。不安に感じることがあれば、何でもご相談ください。